看護師の離職理由

他の職種より仕事がきついと言われている看護師という職種ですが、相変わらず離職率が高い職業として考えられています。
そして自分自身に起因する離職理由としては、やはり結婚、妊娠・出産、子育て等が挙げられます。看護師という女性の割合が多い職業ならではの結果となっております。
しかしながらこれらの理由は他の一般企業における離職理由とさして変わらない状況であります。看護師としての特異な側面を見せる、職場環境に起因する離職理由をあげてみると、その看護師特有の職業の厳しさが浮かび上がってきます。その離職理由の上位には、勤務時間が長い・超過勤務が多い、夜勤の負担が大きい、責任の重さ・医療事故への不安、休暇が取れないと言ったことがらがあります。
まさしく看護師の改善すべき事象が、そのまま離職の原因となっているのです。医療施設はこれら看護師にとって負担になっている事象をすこしでも改善しようと、様々な改善策を打ち出してそれを売りに、離職の早期防止を図ろうとやっきになっております。相変わらず看護師の人手不足に歯止めがかからない状況で、離職にも歯止めがかからないと、看護師の人員はどんどん減少傾向に向かい悪循環をたちきることができません。つまり早期離職を少しでも減らすことが医療施設にとって最優先される事象なのです。
職場環境が少しでも改善され看護師にとって働きやすい職場になることが双方にとってより良い状態となるわけです。
看護師の転職理由からも分かるように、看護師もより良い条件の病院へ転職することが多いため、看護師の離職率を下げるためには病院側の努力が必要になるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です